「私をスキーに連れてって」

スキー場はこんなに楽いことに溢れているんだ。
小学生だった私にとって衝撃的な映画でした。
それから30年経った今、相変わらず時間があれば雪山へ訪れます。

いわゆる”スキーバブル”と言われた1990年代が終わり2000年代に入ると
「スキーはお金がかかる」 「スキーに行くのが大変」
スキー人口が激減しました。
スキーバブル時に作られたスキーリゾートは文字どおりスキーをするための施設。スキー人口が減ればお客も減ります。

しかしあれから30年経った今、私は思います。

スキー人口が減ってもスキーの魅力は変わりません。と言うより、より一層楽しくなってきました。

パウダー、グルーミングバーン、コブ斜面、パーク、ハーフパイプ、そしてバックカントリースキー。
スキーは細分化されそれぞれに合った道具やコースも生まれ、
スキーをしない人でも楽しめるように「スキーリゾート」から「スノーリゾート」に生まれ変わりました。

「私スキ」に登場する矢野くん、小杉くん、泉くん、真理子ちゃん、ヒロコちゃんが使ったSALLOT。
SALLOTは”スキーが上手い”人が使うブランドではなく”雪国の楽しみ方が上手い”人が使うブランドだと思います。

温泉、暖炉、雪景色、星空、料理・・・
泳がなくても海が楽しいように雪山だって滑らなくても楽しいのです。

SALLOTはスキーを愛する方はもちろん、久しくスキーをやっていない方やこれから始めようと思っている方にも雪の魅力を伝えられる活動を継続して続けていきます。

そしてスキーを続けている皆さんが、シーズンに1回でもスキー未経験者をスキーに連れていけばスキー人口は2倍に増えます。
全員が「スキー親善大使」として最高に楽しんでいる自分を発信していけばスキーはもっともっと盛り上がるはずです。

懐かしむだけではなく、これから為に何ができるか。

雪を愛する全ての人と一緒にスキー・雪国を存分に楽しんで、発信してければこれ以上ない幸せです。

Team SALLOT 一同